PTコンセプトは添えるだけ

主にポケモンについてあれします

受けループ偽装のすゝめ

お疲れさまです。もやしきのこです。

SMレートシーズン10も始まって1週間が経ちましたね。シーズン序盤と言うのは皆さん心機一転使用する構築を変えてみたり、今まで触れてこなかったポケモンを育成してみたりと余裕のある時期だと思います。

 

はい。そこの使う構築を迷ってるあなた。

 

 

受けル偽装使ってみようよ!

 

 

 

(今回はそんな記事です。)

 

 

念の為「受けループ偽装」について説明すると、強力な構築のひとつであり対策しないとなかなか勝つことが難しい受けループという構築に見せかけた構築のことですね。

 

サンプルPTとして前期の受けループ偽装構築のURLを貼っておきます。

http://mysknk.hatenablog.com/entry/2018/05/15/120004

 

自分はXYの頃からレート対戦を初めてORASから受けループ偽装を使っていましたが、受けループ偽装はとても強い構築です。そして使っていてとても楽しい構築だと思います。それなのにあまり使用している人を見かけません。

なので今回は少しでも仲間を増やすために受けループ偽装の良さを挙げていきたいと思います。

 

※説明の中で略称などを用います。

 

 

f:id:MYSKNK:20180524121116j:image

(サムネ用)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

受けループ偽装を使う利点

 

1.選出誘導が強い

元となる受けループはとても強力かつ有名な構築です。そのためそれに対するメタを貼る構築も少なくありません。具体例をあげるとすれば毒羽サザンドラや剣舞ランドロスのようなポケモンです。

そのようなポケモンは普通の受けループでは対処が難しく負けに直結することが、少なくともクソ雑魚受けループ使いの自分には多々ありました。

しかしそれらをもし逆にメタることができれば構築上得意なポケモンを誘って倒し、数的優位を取ることができます。

 

 

2.なにより意表がつける

たぶんこれが一番大きいです。とは言え何も相手をびっくりさせられるから強いというわけではなく、相手の考える安定択を安定択ではなくするということです。

具体的に説明しましょう。

例えば以下のPTの対戦において

f:id:MYSKNK:20180524105138j:image

 

初手対面が以下のような対面となり

f:id:MYSKNK:20180524112218j:image

 

1ターン目初手ランドロスに対してエアームドを後投げし、ランドロス側はその交換を読んで剣舞をしてきたとしましょう。

この時点では受けループ偽装とはバレていないものとします。

f:id:MYSKNK:20180524110953j:image

この対面でランドロス側としては普通の物理受けエアームドによる鉄壁や吹き飛ばしを警戒した上で、エアームドに圧力をかけ、あわよくば突破することが可能な撃ち落とすを選択するのが安定です。

しかしここで受けループに偽装していたことが機能します。

ランドロスの撃ち落とすによりエアームドの特性くだけるよろいが発動しSが2段階上昇、さらにエアームド側は十分岩技を読める対面であるため剣舞をしAを2段階上昇させます。

f:id:MYSKNK:20180524113437j:image

こうなってしまえばランドロスエアームドに上からブレイブバードZで倒され、そのまま裏のポケモンにも上から高い圧力をかけることが可能になるでしょう。

 

もちろんこれはほんの一例であり、他の意表をついた行動もたくさんあります。

またこのエアームドの行動にも裏目があり、剣舞をしたターンにカプ・コケコを投げられた日にゃ目も当てられません。

しかしこのような動きはレート戦でもよく発生したものであるため、機能することは多々あると考えています。

 

 

3.相手の勝ち筋を見えにくくする

ポケモン対戦実況などを見ていたりするとわかりやすいのですが、ポケモン対戦にある程度慣れた方なら選出画面の時点で「〇〇と××の対面を作れば△△で全員倒せる…」というように自分の勝ち筋を考えることが多くあります。

しかしそこは受けループ偽装。選出画面で相手が思うような型のポケモンが入っているわけではないため、不意をついた型で相手の思うような勝ちへのパターンをさせない動きができればこちらの勝ちへと大きく近づきます。

 

イメージとしては普通に将棋をしていたと思いきや…

f:id:MYSKNK:20180524120421j:image

 

対局中よく見たら王将が変な位置にいるくらいのズルさです。(まるで将棋だな!)

f:id:MYSKNK:20180524120553j:image

このズルさが反則ではないと考えるとめちゃくちゃ強そうに思えませんか?

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

まとめ

受けループ偽装については以上になります。

ここまで長々とした説明を最後まで読んでいただきありがとうございました。

正直上の戦術をうまく決めるのは少し難しい上に例外もたくさんありますが、受けループ偽装自体決まればとても強力で相手に衝撃を与えることができるすごく面白い構築です。

これを見て受けループ偽装を使ってみたいと思ってくれる方がいてくれたら幸いです。

 

もし興味があるけど構築の組み始めがわからないという方がいましたら前期構築のQRレンタルパーティも載せておくので、誰かのなにか参考になればと思います。

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-659F-44C6

 

 

本当はもう少し文字数を少なく綺麗にまとめられたら良かったのですが、説明したいことが多すぎて自分の文章力ではこれが限界でした…読みにくかったらごめんなさい…_:(´` 」∠ ):_

 

なにか質問や誤字などありましたら自分のTwitter(@MMYYSSNAO)によろしくお願いします。