PTコンセプトは添えるだけ

またあのキノコが解雇されたらしい。

ブログトップ

はじめまして、もやしきのこと申します。

 

このブログでは基本的にポケモンのことについて書いていきたいと思います。

 

少しでも需要のある記事にするため頑張りますので、あたたかく見守って貰えたら幸いです。

 

ちなみに相棒ポケモンモロバレルです。

f:id:MYSKNK:20190122191108p:image

 

よろしくお願いします。

 

なにか質問や指摘などありましたらTwitterアカウント(@MMYYSSNAO)までお願いします。

イバンミミッキュ(雑記事)

こんにちは。

 

突然ですが皆さん。

 

ABミミッキュってあるじゃないですか。

 

あれってだいたい1発耐えるじゃないですか。

 

ご自慢の対面性能で1匹持って行ってからイバン発動して不意の道連れでもう1匹持っていきたくないですか?

 

ということで。

 

f:id:MYSKNK:20190119024727p:image

ミミッキュ@イバンのみ

調整…お好みのABミミッキュ

技構成…道連れ じゃれつく 影うち 剣の舞

 

道連れ以外の技構成はもちろん自由ですがこれが一番汎用性がありそうだと思いました。(正直ミミッキュをほとんど使わないためわからない…)

 

また、影うちを打ちたいがミミッキュより早い相手の先制技に縛られてしまうというようなパターンの際でもイバンを発動させて相手の上から影うちを刺すという動きも可能です。

 

※もちろんこれは全部机上論なので悪しからず。

 

 

という具合で雑記事でした。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

くだけるよろいエアームドの調整案(改案)

こんにちは。もやしきのこです。

 

 

今年の目標は筋トレを毎日の習慣にすることです。

 

 

はい。

 

 

 

今回は自分が愛用している砕ける鎧エアームドの調整案についてです。

かなり昔に砕ける鎧エアームドについての調整案を記事にまとめていますが、今回は環境を意識したその改案になります。ほとんどの説明は前回の記事で説明してあるためそちらを確認の上見ていただけるとよりわかりやすいかと思います。

 

http://mysknk.hatenablog.com/entry/2018/07/17/173741

 

 

f:id:MYSKNK:20190103224534j:image

エアームド@飛行Z

特性 砕ける鎧

性格 意地っ張り

努力値 H20 A252 B4 D4 S228

実数値 143-145-161-×-91-119

 

調整意図…

H…定数ダメージが増えないラインでできるだけ高くなるよう16n-1

A…少しでも削ると役割範囲の乱数がかなり変わってしまうため特化

B…余り

D…端数

S…S4振りミミッキュ抜き抜き

 

技構成

ブレイブバード アイアンヘッド 剣の舞 ←確定

挑発 ←準確定

 

 

前回の記事と比べるとBを削りSを少しだけ伸ばしました。調整意図でも書いていますがその目的がSに努力値を4だけ振ったいわゆるABミミッキュを上から殴ることにあります。ASミミッキュなら特化アイアンヘッドで確定1発になるのですが、ABミミッキュに関しては確定2発になってしまいます。そのためABミミッキュに対しては上から殴ることができるようにすることでミミッキュに対しての性能をより安定させました。

また、S20振りグライオンの上を取る事もできるようになっているためもし砕ける鎧がバレてギロチンを押してくる輩がいたとしても上から行動することによりギロチンの試行回数を減らすことが可能になります。

Bラインを削ることで大きく確定数が変わることはほとんどありませんが、これ以上削るとA特化ランドロス剣舞空を飛ぶZが確定耐えから乱数になってしまいます。

 

また、前回の記事で技構成の候補で辻斬りを推奨していましたが、メガメタグロスギルガルドの処理は他に任せて挑発を採用し、カバルドンなどの起点にできる範囲を広げる方がより強力な運用になるとも感じました。他の技構成候補は前回の記事にまとめてあるためそちらの参照をお願いします。

 

 

…というだけの簡単な記事でした。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

弱点保険アーゴヨンの調整案

こんにちは。もやしきのこです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーズン13で結果を出せなかった。

もやしきのこです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ^o^)<うわぁー!

 

 

 

 

 

悔しいので第2回東北シングルフェスタからシーズン13にかけて使用していた弱点保険アーゴヨンの調整をまとめていきたいと思います。

普通に強いのでおすすめです。

 

また、この型は努力値こそ少し違いますが第2回東北シングルフェスタで優勝することができた構築で使用していた型なので、こちらの記事も一緒に見ていただけるとよりわかりやすいかと思います。

http://mysknk.hatenablog.com/entry/2019/01/07/135147

 

 

〈調整について〉

f:id:MYSKNK:20190108143921j:image

持ち物 弱点保険

性格 臆病

努力値 H212 B156 C20 D116 S4

実数値 175-×-113-150-108-156

 

調整意図

H…定数ダメージが増えないラインでなるべく高くするために16n-1

B…A特化メガメタグロスの冷凍パンチ確定耐え、A特化ミミッキュの専用Z最高乱数切り耐え、A特化メガバシャーモの飛び膝蹴りを2連最高乱数でない限り2耐え、etc…

C…ヘドロウェーブで無振りミミッキュを確2(ビーストブーストでSを上昇させるために上げ過ぎない)

D…正確補正なし変幻自在ゲッコウガの冷凍ビーム確定耐え

S…端数(最速ビビヨン抜き)

 

 

〈解説〉

自分がCSのZを持ったアーゴヨンを使用している際に、火力と素早さが少し過剰であったり、耐久がないが故に有利対面を作っても「交換読みの悪巧みor殴ってくる読みの攻撃技」という択が発生しやすい点で非常に使いづらいと感じてしまったためこのような調整になりました。

基本的に相手の攻撃技を1発耐えながら悪巧みを積む、もしくは殴っていく型になります。

弱点保険を持たせる理由としては対面の殴り合いになった際に火力を上げながら殴り合いを制すことができる、1ターンでCを4段階上げることも可能になるなどとががあります。具体的な動きだと、相手に上を取られている場合は1発耐えて弱点保険を発動させ下から火力を上げつつ殴りビーストブーストでSを上昇させることが理想、相手の上を取っている場合は1発耐えつつ悪巧みを積みあわよくば弱点保険を発動させCを4段階上昇させながら突破しビーストブーストでSも上げるような動きが理想となります。特に耐久の高い受けポケ、主にポリゴン2クレセリアなどは役割対象であるボーマンダなどへの有効打として氷打点を持っている場合がほとんどのなため、かなり容易にCを4段階上昇させることができたと感じました。

もちろん弱点保険の性質上、発動せずに腐ってしまう場合もあるだろうと言う意見もあると思いますが、タイプ不一致のサブウェポンとして採用されやすいめざ氷や冷凍ビーム、大地の力や地震などの存在によって、かなり頻繁に発動する機会があったと感じました。

また、ここまでの説明で弱点保険を持たせるくらいならZを持たせた方が持ち物が腐らないだろうという意見も出てくるかと思いますが、瞬間的に火力を上げるZとは違い継続的に火力を上げることができる点や、他のポケモンにZ枠を割くことができるという点で十分に差別化ができると判断しています。

ちなみに対面性能もかなり高いため先発で投げることももちろん可能ですが、襷持ちや頑丈持ちにはどうしても弱いため、必要に応じてステロを撒いてからの運用をオススメします。

 

 

〈技構成について〉

 

確定枠

 

ヘドロウェーブ

安定したメインウェポンとして。

追加効果を重視するのであればヘドロ爆弾も選択肢に入りますが、ウェーブでなければ無振りミミッキュに対して確2を取る事ができないため今回はこちらで確定。

 

②大文字

ヘドウェの入らない鋼に対しての言わずと知れたサブウェポン。

こちらもヘドウェと同じように命中安定の火炎放射が選択肢に入りますが、その場合耐久に少し振ったメガメタグロスに対しての確定数が変わってしまうため今回はこちらで確定。

 

③悪巧み

能動的に火力を上げるために確定。

 

ここからは自由枠↓

 

④めざめるパワー地面(推奨)

主にヒードランに対してのピンメタになってしまいガチですが、実際ヒードランアーゴヨン対策をしているつもりの方は多いため崩しとしてかなり有効に働きました。また火力が上がった状態においてのメガルカリオなどに対して.命中安定のウェポンとしても使えるため基本的にこちらを推奨します。

 

⑤竜の波動(流星群)

PTによりますが地面タイプの突破が難しいと感じている場合は採用も検討できると思います。しかし自分が使っている限りではあまり必要になる場面はありませんでした。

 

 

〈ダメージ計算〉

※意識したものだけ簡単に。

 

〇被ダメージ

 

A特化ミミッキュのぽかぼかFT

84.5~100.0% 最高乱数切り耐え

 

A特化メガメタグロスの冷凍パンチ

81.1~96.0% 確定耐え

 

A特化メガバシャーモの飛び膝蹴り

42.8~50.8% 2連最高乱数切り確定3発

 

A特化命の珠フェローチェのドリルライナー

83.4~98.2% 確定耐え

 

性格補正なしC252ゲッコウガの一致冷凍ビーム

83.4~99.4% 確定耐え

 

性格補正なし4振り命の珠フェローチェの冷凍ビーム

74.2~87.4% 確定耐え

 

C特化ヒードランの大地の力

72.0~85.7% 確定耐え

 

〇与ダメージ

※能力上昇は基本的に非考慮。

 

ヘドロウェーブ

H4振りミミッキュ→50.3~59.5% 確定2発

無振りカプ・テテフ→82.7~99.3% 確定2発

無振りメガバシャーモ→52.2~61.9% 確定2発

無振りメガリザードンX→49.6~59.4 ステロ込みで最高乱数切り確定1発

 

大文字

無振りメガルカリオ→95.1~113.1% 乱数1発

無振りメガメタグロス→61.9~73.5% 確定2発

 

めざめるパワー地面

HD特化ヒードラン→40.4~48.4% 確定3発

 

 

〈相性の良い味方〉

 

①砕ける鎧エアームド

http://mysknk.hatenablog.com/entry/2018/07/17/173741

当然のように布教していく。

アーゴヨンの比較的苦手とする地面タイプを軒並み起点にできるため非常に優秀でした。アゴムドーで起点にできる範囲が非常に広いため、その2匹だけで非常に優秀な構築の軸になると感じました。

 

カプ・レヒレ

こちらもエアームドと同じように地面に強い枠。

龍技を基本採用しないためフィールドの効果がデメリットになりにくい。

 

カプ・テテフ

アーゴヨンの餌である鋼タイプを呼びやすい上にサイコフィールドの効果でアーゴヨンを後続の先制技で止めることが難しくなるためかなりシナジーがあると考えます。

 

 

〈最後に〉

ここまで読んでいただきありがとうございました。

かなり長くなってしまいましたが、自分をオフ優勝へ導いてくれた一員であり、弱点保険アーゴヨン自体は新しいアイディアではありませんが、対面でも動かせる非常に面白い型になっているためもし興味のある方は参考にしていただけると幸いです。普段CSアーゴヨンを使いづらいと感じている方も試しに使ってみてはいかがでしょうか。多少読みが必要になりますが、個人的にCSアーゴヨンよりも非常に使いやすい型のように感じました。

 

誤字や質問、ダメージ計算の追加などが必要な場合はTwitter(@MMYYSSNAO)のリプでご指摘をよろしくお願いします。

 

ではでは。

地雷リレー(第2回東北Single Festa優勝構築)

こんにちはもやしきのこです。

 

今回は昨年12月に行われた第2回東北シングルフェスタで優勝することのできた構築をまとめて行きたいと思います。

シーズン13でこの構築の改案を使っていたのですが、上手く結果を出すことができず型バレもあり勝てなくなったので公開していこうと思います。

 

ちなみにオフレポという名の飯テロ記事もあげているので、もし興味のある方はこちらも読んでいただけると非常に喜びます。

http://mysknk.hatenablog.com/entry/2018/12/16/174632

 

 

〈PTコンセプト〉

f:id:MYSKNK:20190106144818p:image

 

コンセプトとしてはカビグライムドーの受けとバシャアーゴヨンの攻めと言ったような、最近流行りの受け攻め両立した構築に見せかけています。しかし実際は崩しをふんだんに詰め込んでおり、相手からは見えない勝ち筋を無理やり上から通して行く構築になっています。

 

 

〈個体紹介〉

f:id:MYSKNK:20190107121344j:image

NN ギロチン!w

性格 意地っ張り

努力値 AS252h4

実数値 151-161-145-×-95-147

 

普段から受けループ偽装でお世話になっている型のグライオンになりますが、今回はいつもと違い意地っ張りでの採用となりました。以前まで陽気で採用していた理由が主にジャラランガの上から岩石封じを打つということでしたが、今回はPTにレヒレがいることにより陽気にする理由があまり無くなったと感じたため意地っ張りに変更した次第です。意地っ張りにすることにより、ボーマンダの身代わりを余程耐久に振られていない限り確定で破壊できる、岩石封じ+地震ゲッコウガを落とせるなどのメリットがあったためこのグライオンの性格は意地っ張りで確定だと思っています。努力値は持ち物、技構成についてもここから変更することがないでしょう。

このグライオンの役割は主にステロを撒き裏のポケモンの抜き性能を高めることです。特に後述するメガバシャーモを通すプランの際はこのポケモンを先発に置いてステロを撒くことがほぼ必須なため自ずと選出率も高くなりました。

本当のところはPTの並び的にこのグライオンは相手から陽気のポイヒグライオンに見えている場合が多いため、受けループ偽装に入れている時と同じようにこのポケモンだけで相手のPTを半壊させることもザラにあるかと期待していましたが、この構築においてはあまり相手のPTに刺さることが多くなかった印象。その点については偽装の難しさが出たと思います。

また、このグライオンは環境に蔓延しているゲコミミ@メガ枠の並びに非常に弱いためそもそもこいつにステロ撒きを一任している点が弱いとも感じています。しかし並びを偽装するためにこのグライオンを採用することは必須なため、やむ無し。

 

選出率2位

 

 

f:id:MYSKNK:20190107121359j:image

NN はいぼくしゃ

性格 やんちゃ

努力値 h28 a92 C244 S140

実数値 159-211-100-181-90-138

 

たぶんこの構築で1番まともなやつ。

調整についてはめざ氷バシャーモの記事をネットで漁ったものを少しいじったものになります。耐久振りグライオンの端数をAに振った地震を確定で耐えられるように少しだけHに振りました。しかし実際のところこの耐久振りが活きた機会がほとんどなかった上に、物理技をミリ耐えされることが時々あったためHの努力値はAに振ってしまった方がいいと思います。

自分もその1人ですが、最近の傾向としてバシャーモメガボーマンダランドロスで受けられると考えている方が多いと感じたためめざ氷で採用しました。実際めざ氷バシャは構築単位で切っている型も多く、多くの試合で全抜きを決めることができたように感じました。

実は今までバシャーモというポケモンをほとんど使ったことがなかったため、あまり知識のないまま使っていたのですが、その抜き性能の高さをひしひしと感じると同時にゲコミミを初めとした環境の厳しさ、守るや膝の見えない択ゲーに悩まされるなど強さと弱さを同時に感じ、本当に扱いの難しいポケモンだと実感させられました。扱っていて本当に疲れるポケモンなためあと半年は使いたくありません。

 

選出率1位

 

 

f:id:MYSKNK:20190107121417j:image

NNもえないゴミ

 

※写真では辻斬りになっていますがミスです。挑発で使用していました。

 

いつものです。

調整などはこちらの記事にまとめて書いているので下記のURLをご覧下さい。

http://mysknk.hatenablog.com/entry/2018/07/17/173741

 

相変わらず本当に強いポケモンですが、予選では型バレから負けに繋がる心配もありあまり選出率は高くありませんでした。しかし決勝トーナメントの3試合では全て選出することができた上に、決勝戦では試合をひっくり返してくれた一因になってくれました。やったぜ相棒!と言ってやりたいところですが、最近型バレも含め環境においてこいつの刺さりが悪い。そろそろ新しい相棒を見つけに行った方がいいかもしれませんね。

 

選出率4位

 

 

f:id:MYSKNK:20190107121430j:image

NN いいつりざお

 

追記:調整について別の記事でまとめました。

http://mysknk.hatenablog.com/entry/2019/01/08/172915

 

たぶん本構築1番の地雷。PTの見た目からスカーフを1点読みしてくる方も多かったため多くの人を困惑させられた。調整についてはまだ試行錯誤中のため伏せておきます。

ゲッコウガの冷Bも耐えて弱点保健を発動させる程の耐久があるため、ポリ2やレボルトなどのめざ氷を起点にガンガン火力を上げることができる。またビーストブーストではSを上げることができるため抜き性能も高くなっています。上手く扱えばC4段階upとS1段階upという化け物が誕生するので、非常にポテンシャルのある型だと感じました。

めざめるパワーは地面でヒードランで止めに来る人を逆にカモることができます。龍技が欲しくなる場面は記憶にある限りほとんどありませんでした。

今までCSのアーゴヨンは耐久が無く扱いづらいが耐久に振ると今度は抜き性能が下がると感じていたところにこの弱点保険を採用することで本当に使いやすくなりました。

 

選出率3位

 

 

f:id:MYSKNK:20190107122226j:image

NN フィンブル

性格 控えめ

調整 CS252b4

実数値 145-×-136-161-150-137

 

3シーズンほど前から好んで使っているスカーフレヒレ。この構築で少し重いゲッコウガカバルドンを意識して採用しました。聞くに最近増加している型のようなのでそこまで語ることはないが、この構築にはあまりマッチしていないように感じました。その原因はスカーフで拘ったあとのクッションとなる引き先がカビゴンくらいしか居ないためですが、他に使い慣れたカプレヒレもいなかったためオフ当日はスカーフで採用しました。

 

ちなみにこのレヒレは、自分にとって初めてのオフになる前回の東北シングルフェスタに誘ってくれた先輩に貰った個体なのでこのニックネームに見覚えのある方もいるかもしれませんね。

 

選出率6位

 

 

f:id:MYSKNK:20190107123053j:image

NN くって寝る💤

性格 意地っ張り

調整 H148 a68 B156 d92 s44

実数値 254-152-105-×-142-56

 

これもまたやべーやつ

調整はネットで出てきたいくつかのカビゴンを参考にし自分の使いやすいように調整しました。テテフ受けとして機能させつつAははらだいこ後にカバルドン辺りを恩返しで確1にしSは無振りドヒドイデ抜きだったと思います。(間違っていたらごめんなさい)

リサイクルカビゴンが元から持つ対面性能、クッションとしてのサイクル性能を保ちつつはらだいこによる低速サイクルに対しての抜きエースにもなれる高い数値を活かした非常に万能な型だと感じました。グライオンを先発で出せないor出す必要のない構築に対しては基本的にこいつを初手に投げていました。

ウェポンについては安定した打点として恩返しを採用していますが、能動的に木の実圏内に入れることや単純な火力upを考えると捨て身タックルも考えられると思います。しかしそのデメリットとして受けサイクルを前にして抜きエースとして機能させる際に反動ダメージを回復するために1度リサイクルを選択しなければならなくなる場面を考慮すると抜きエースとしての性能が劣る可能性があるため、今回は恩返しを採用しています。炎のパンチはエアームドテッカグヤ意識ですが、これはPTに合わせて地震でも可だと思います。

性能はかなり高いポケモンなのですが扱いが少々難しく、オフ当日まだ使い慣れなかった自分は予選などでもあまり選出することができませんでした。しかし決勝戦では鈍いカビゴンの上からしっかり暴れてくれたため満足です。

 

選出率5位

 

 

〈選出パターン〉

一応パターンはありますが、基本的に様々なPTに対して柔軟な選出ができると思います。

 

グライオン+バシャーモ+エアームド

この構築の軸。

グライオンでステロを撒きバシャーモを通していく選出。バシャーモを止めに来るカバルドンランドロスギャラドスエアームドで起点にして行く。グライオンが必要ない場合は代わりにカビゴンアーゴヨンを初手に投げました。

 

カビゴン+エアームド+アーゴヨン

受けサイクルに対して火力でゴリ押していく選出。ほとんどの受けサイクルはこの選出で勝つことができました。

 

(レヒレ…どこ…?)

 

 

〈使用感・まとめ〉

並びを参考にしている構築はもう皆さんお察しかと思いますが、例のグッドスタッフや燃やス〇ンに似た構築の偽装構築です。今まで内緒で考えていた構築だったためかなり意表のつける構築になったと感じました。ただここは地雷ポケモンの宿命だと思うのですが、元の型よりはパワーが劣る場合が多いため非常に扱いが難しい構築でした。

本当はシーズン13で改良しながらレート2000くらい取って綺麗にまとめてあげられたらと思ったのですが、その目標は叶いそうにないのが唯一心残りです。(シーズン13最終日現在)

それでもオフで初優勝できたことは本当に嬉しいです。改めましてオフを運営してくださった皆さん、一緒にオフに参加した皆さん、本当にありがとうございました。

 

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

はじめてのオフレポ

こんにちはもやしきのこです。

 

先日宮城で開催された第2回東北シングルフェスタに参加させていただきました。

 

本当に楽しいオフ会だったので簡単にオフレポ的なものを書かせていただきます。

最初に書いておきますが構築記事ではありませんのでご了承ください。(飯テロ記事です。)

 

 

12月15日、めちゃくちゃ寒かったですね。開催地が結構近い民であるにも関わらずあまり厚着をせずに会場へ向かった結果、外を歩く時は終始震えてました。

 

f:id:MYSKNK:20181216160732j:image

 

どうでもいいですがそんな震える自分が買ったのはホットコーヒーとストレスを軽減する(らしい)例のチョコレート。これで例え運負けしたとしても気分は穏やかHDですね。

 

自己紹介での初参加偽装も程々に早速対戦。お昼休憩に入る前の戦績はとりあえず2勝1敗でした。これと言った運の傾きもなく本当に穏やかHDでした。チョコレートのお陰ですね。

 

 

それでお昼休憩に入るわけですが、会場の周りにはラーメン屋さんが特に多く展開しています。今回は6人程で「みそいち」という美味しいラーメン屋さんに行ったのですがオフの度にここに来ています。たぶん今回で3回連続。ちなみに会場の最寄りには「水曜日のカンパネラ」に似たような名前(まじで忘れた)のこれまた美味しいラーメン屋さんもあるのですが、見る度に混んでいるのでなかなか行けていないです。いつかまた行きたいですね。

f:id:MYSKNK:20181216161721j:image

はい美味い。からしネギ味噌ラーメンです。

 

またこのお店のすぐ近くにもう1件怪しい佇まいのラーメン屋さんがあり、†イノシシラーメン†と書かれている張り紙がいつも貼ってあります。個人的にすごく気になってはいるのですが友人曰く、「まずいからやめておけ」とのこと。でもやっぱり気になるので今度1人で行ってみたいと思います。自分がTLにイノシシラーメンがアップしたあと浮上しなかったら察してください。

 

 

午後も何とか3勝して決勝トナメに。毎試合ヒィヒィ言いながら何とか決勝まで進んだは良いものの決勝で立ちはだかるのはなんとトッティーさん。

実はトッティーさんとはオフの前日に仙台のおっぺしゃんラーメンを一緒に食べに行っていた仲でした。しかもその際お互いふざけ半分で「決勝で会いましょう!」と言っていたのですが、本当に実現してしまいました。

f:id:MYSKNK:20181216163607j:image

その時のラーメンがこちら。その日はおっぺしゃんラーメンがなんと500円で食べることができる日だったためそちらを注文。ついでに味玉を追加しました。一緒のトッティーさんはチャーシューを追加で注文していたはずです。

おっぺしゃんのチャーシュー本当に美味しいですよね。見た目はちょっとしたダークマターで、その上もの凄い油身の量、でもめちゃくちゃ美味しい。なんで美味しいのか上手く説明できないですがとにかく美味しいんです。そして当然のように麺とスープも美味しい。スープも油の量が凄まじいので1口食べる度に軽く罪悪感さえ感じるレベルなのですが結局スープも飲み干す勢いで食べてしまいます。きっとあのラーメンには麻薬に似た何かが入っていますね間違いない。

 

オフ会に参加する皆さん。決勝トナメまで駒を進めたい方はおっぺしゃんを食べましょう。良い乱数調整になります。

 

 

決勝の結果だけ言うとなんとか勝ち優勝することができました。

詳しい決勝の様子はその時のアーカイブがあるのでそちらを見てもらえればと思います。そして会場の楽しそうな雰囲気も感じて頂けたら嬉しいです。

いつも使っているエアームドも活躍してくれて最高の試合でした。

https://youtu.be/w-rWodibvYQ

 

f:id:MYSKNK:20181216165401j:image

最後に景品として表彰盾をゲットしました。家で大事に飾らせていただきます。

 

自分が初めてポケモンのオフに参加したのが去年開かれたシングルフェスタだったので、そこから1年で初優勝ということを考えるとなんだかエモいですね。

 

 

さて、オフが終わりメインよりも楽しみにしていた人だって少なくないであろう二次会の始まりです。

なんて言ったって今回は飲み放題&食べ放題。最高ですね。

f:id:MYSKNK:20181216171111j:image

f:id:MYSKNK:20181216171059j:image

めっっっっっちゃくちゃ美味しかったです。自分がいたテーブルはみんな食欲旺盛なようで自分もお腹がすいていたので全員時間いっぱい嵐のように頼み、嵐のように食べました。

 

そんなこんなで最高のオフでした。

最後になってしまいましたが、オフを運営して下さった方々、一緒に参加し沢山絡んでくれた方々、本当にありがとうございました。

特に運営陣の方々にはオフを開く上での苦労なども少しだけだとは思いますが教えていただきました。自分もいつか皆さんのお力になれる日が来ればと思います。ありがとうございました。

また次のオフが楽しみで仕方ないです!

 

ちなみにですがオフで使った構築は並びだけ乗せて中身はまだ公開せず使い続けようと思います。本当に面白い構築なのでまだまだ煮詰めていきたいと思います。

f:id:MYSKNK:20181216174059p:image

 

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

コオリZハピナスの調整案

こんにちは。

どうでもいいですが最近まで生卵が苦手で、やっと食べられるようになりました。今でも時々、生の白身を食べると気分が悪くなります。白身と黄身の境がわからなくなるくらいかき混ぜれば気にせず食べれるのですが何故でしょう。ちなみにやっと食べられるようになった卵かけご飯にはポン酢をかけてサッパリ食べるのが好きです。もしあればミョウガも添えたいですね。

 

f:id:MYSKNK:20181022144237j:image

ハピナス

持ち物 氷Z

特性 自然回復

性格 穏やか

努力値 h4 B252 C108 D140 s4

実数値 331-×-62-109-190-76

技構成(確定枠) 地球投げ 冷凍ビーム

選択技 卵産みor眠る ステルスロック 電磁波 火炎放射 毒々 etc…

 

きっかけは自分が受けループを組む際にラッキー+追い討ち枠として組んだ際にバンギラスではなくベトベトンを採用した場合、アーゴヨン対策としてまた別の特殊受け枠が必要になることが馬鹿馬鹿しく感じたことでした。しかしだからといってラッキーに瞑想を採用することも強いと思えなかったため、ならばラッキーより特殊耐久の高いハピナスを採用し、悪巧みをして吹き飛ばそうとしてくるアーゴヨンを不意のZ技でワンパンしてしまおうという考えで採用しました。ちなみにCぶっぱアーゴヨンのC2↑流星群Zはだいたい62~73%程しか入らないためアーゴヨンを処理したあとでも十分に他への役割を果たすことが可能でしょう。

調整は地球投げを3回耐える調整をされたアーゴヨンまで冷BZで確1にできるだけのC、ポリゴン2の恩返しやリザYのニトロチャージなどといった物理技でも耐えられるようにBをぶっぱ、残りをDに振り端数でHPの奇数調整、と言った具合です。ちなみに図太いにしてまで物理耐久を求めているわけではないため性格は穏やかです。

技構成についてはコンセプトの冷凍ビーム、ウェポンが冷凍ビームだけでは相手に負荷をかけづらいため安定したダメージソースとしての地球投げまで確定とし、回復手段としての卵産みと眠るはどちらでも使えると判断しました。残った枠についてはそれぞれのPTに合った技を採用して貰えればと思います。

ちなみに氷Zにしたことによる副産物として、ラッキーと違い特殊ポケモンにこだわりアイテムをトリックで押し付けられることが無くなる他、不意の叩き落とすに怯えることが無くなったことも大きな利点でした。また、氷Zで弱点をつくことによりボルトロスの処理速度も早くなるため悪巧みでゴリ押しされることも少なくなりました。後出しされるグライオンランドロスボーマンダなどに対しても大きな負荷をかけられる点についてもグッド。

正直に言ってしまうと、ラッキーと比べた際にこの氷Zハビナスが劣る点が物理耐久くらいしか見つかりませんでした。それによりテテフが受からなくなることはたまにキズですが本当にそれくらいなので本当におすすめです。

 

追記

冷凍ビームではなく吹雪であればC努力値を削りさらに耐久面に回せるとも考えられますが、そもそも氷技をそこそこの頻度で打つためPP面や命中率を考え冷凍ビームでの採用としています。

 

だいたいこんな所でしょうか。

なにか質問などあればTwitter(@MMYYSSNAO)に連絡をよろしくお願いします。

 

それではここまで読んでいただきありがとうございました!