PTコンセプトは添えるだけ

主にポケモンについてあれします

受けループ偽装のすゝめ

お疲れさまです。もやしきのこです。

SMレートシーズン10も始まって1週間が経ちましたね。シーズン序盤と言うのは皆さん心機一転使用する構築を変えてみたり、今まで触れてこなかったポケモンを育成してみたりと余裕のある時期だと思います。

 

はい。そこの使う構築を迷ってるあなた。

 

 

受けル偽装使ってみようよ!

 

 

 

(今回はそんな記事です。)

 

 

念の為「受けループ偽装」について説明すると、強力な構築のひとつであり対策しないとなかなか勝つことが難しい受けループという構築に見せかけた構築のことですね。

 

サンプルPTとして前期の受けループ偽装構築のURLを貼っておきます。

http://mysknk.hatenablog.com/entry/2018/05/15/120004

 

自分はXYの頃からレート対戦を初めてORASから受けループ偽装を使っていましたが、受けループ偽装はとても強い構築です。そして使っていてとても楽しい構築だと思います。それなのにあまり使用している人を見かけません。

なので今回は少しでも仲間を増やすために受けループ偽装の良さを挙げていきたいと思います。

 

※説明の中で略称などを用います。

 

 

f:id:MYSKNK:20180524121116j:image

(サムネ用)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

受けループ偽装を使う利点

 

1.選出誘導が強い

元となる受けループはとても強力かつ有名な構築です。そのためそれに対するメタを貼る構築も少なくありません。具体例をあげるとすれば毒羽サザンドラや剣舞ランドロスのようなポケモンです。

そのようなポケモンは普通の受けループでは対処が難しく負けに直結することが、少なくともクソ雑魚受けループ使いの自分には多々ありました。

しかしそれらをもし逆にメタることができれば構築上得意なポケモンを誘って倒し、数的優位を取ることができます。

 

 

2.なにより意表がつける

たぶんこれが一番大きいです。とは言え何も相手をびっくりさせられるから強いというわけではなく、相手の考える安定択を安定択ではなくするということです。

具体的に説明しましょう。

例えば以下のPTの対戦において

f:id:MYSKNK:20180524105138j:image

 

初手対面が以下のような対面となり

f:id:MYSKNK:20180524112218j:image

 

1ターン目初手ランドロスに対してエアームドを後投げし、ランドロス側はその交換を読んで剣舞をしてきたとしましょう。

この時点では受けループ偽装とはバレていないものとします。

f:id:MYSKNK:20180524110953j:image

この対面でランドロス側としては普通の物理受けエアームドによる鉄壁や吹き飛ばしを警戒した上で、エアームドに圧力をかけ、あわよくば突破することが可能な撃ち落とすを選択するのが安定です。

しかしここで受けループに偽装していたことが機能します。

ランドロスの撃ち落とすによりエアームドの特性くだけるよろいが発動しSが2段階上昇、さらにエアームド側は十分岩技を読める対面であるため剣舞をしAを2段階上昇させます。

f:id:MYSKNK:20180524113437j:image

こうなってしまえばランドロスエアームドに上からブレイブバードZで倒され、そのまま裏のポケモンにも上から高い圧力をかけることが可能になるでしょう。

 

もちろんこれはほんの一例であり、他の意表をついた行動もたくさんあります。

またこのエアームドの行動にも裏目があり、剣舞をしたターンにカプ・コケコを投げられた日にゃ目も当てられません。

しかしこのような動きはレート戦でもよく発生したものであるため、機能することは多々あると考えています。

 

 

3.相手の勝ち筋を見えにくくする

ポケモン対戦実況などを見ていたりするとわかりやすいのですが、ポケモン対戦にある程度慣れた方なら選出画面の時点で「〇〇と××の対面を作れば△△で全員倒せる…」というように自分の勝ち筋を考えることが多くあります。

しかしそこは受けループ偽装。選出画面で相手が思うような型のポケモンが入っているわけではないため、不意をついた型で相手の思うような勝ちへのパターンをさせない動きができればこちらの勝ちへと大きく近づきます。

 

イメージとしては普通に将棋をしていたと思いきや…

f:id:MYSKNK:20180524120421j:image

 

対局中よく見たら王将が変な位置にいるくらいのズルさです。(まるで将棋だな!)

f:id:MYSKNK:20180524120553j:image

このズルさが反則ではないと考えるとめちゃくちゃ強そうに思えませんか?

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

まとめ

受けループ偽装については以上になります。

ここまで長々とした説明を最後まで読んでいただきありがとうございました。

正直上の戦術をうまく決めるのは少し難しい上に例外もたくさんありますが、受けループ偽装自体決まればとても強力で相手に衝撃を与えることができるすごく面白い構築です。

これを見て受けループ偽装を使ってみたいと思ってくれる方がいてくれたら幸いです。

 

もし興味があるけど構築の組み始めがわからないという方がいましたら前期構築のQRレンタルパーティも載せておくので、誰かのなにか参考になればと思います。

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-659F-44C6

 

 

本当はもう少し文字数を少なく綺麗にまとめられたら良かったのですが、説明したいことが多すぎて自分の文章力ではこれが限界でした…読みにくかったらごめんなさい…_:(´` 」∠ ):_

 

なにか質問や誤字などありましたら自分のTwitter(@MMYYSSNAO)によろしくお願いします。

USM s9最高最終2103 受けループ偽装構築

お久しぶりですもやしきのこです。

まず初めにシーズン9お疲れさまでした!

期間中レートで当たった皆さん対戦ありがとうございました!

今回は前々シーズンあたりから使っていた構築がやっと結果を出せたということで、その紹介をしていきたいと思います。

サブROM欲しい欲しい言って全然準備できてないため今回もTNクソマッシュROM1本で特攻してました。

 

f:id:MYSKNK:20180515031506p:image

 

 

【PTコンセプト】

今回使用した構築は受けループ偽装構築です。

以前紹介した半偽装受けループにおいて基本選出のひとつだったゲンガーバンギムドーの並びはほとんどそのままに、その取り巻きを

・汎用性を保つ

・苦手どころに強くする

・柔軟な選出ができる

・選出段階で受けループに見える

という条件のもとに組み直しました。

 

半偽装受けループの記事はコチラ↓

http://mysknk.hatenablog.com/entry/2017/08/29/235913

 

 

構築の経緯

前提条件として、自分が偽装しようとした受けループは下の画像のような比較的よく見かける形のゲンガーグライオンラッキードヒドイデエアームドバンギラスの並びです。

f:id:MYSKNK:20180514151454p:image

この構築に偽装するにあたりゲンガーバンギムドーの枠は埋まっているとして、グライオンドヒドイデラッキーにあたる枠をどうするかというのが課題でした。

 

初めにドヒドイデの枠ですが、ヤドランなどに入れ替えるという選択肢もありましたが、その場合環境トップメタであるミミッキュゲッコウガに対して構築単位でかなり薄くなってしまうと考えたため、他のポケモンには入れ替えませんでした。

またその調整や技構成についても、HB特化の熱湯再生黒い霧@1の型にしなければミミッキュに対して安定しないと考えたためほとんどテンプレのような型になっています。

 

次にグライオンの枠は、その性能を見ても代用の効かない唯一無二の性能を持つため偽装をする上で他のポケモンに入れ替える訳には行きませんでした。

その上で型の選択肢として出てくるのは剣舞型・みがまも型・襷ステロ型等でしたがPT単位で重いメガメタグロスギルガルドに対してステロを撒いて少しでも削っておかなければメガバンギラスのA1↑地震を耐えられてしまうため、ステロ搭載型になりました。

しかし襷はゲンガーが既に持っている上、カバルドンによる欠伸展開を止めたいという考えでなるべく相手の攻撃を1発は耐え、確実にステロだけでも撒くことができるHDポイヒグライオンとなりました。

 

最後となるラッキーの枠ですが、ラッキーハピナスではどんな型を採用してもしっくり来ず最後まで悩んでいました。それもそのはず、ここまで組んで重い構築と言うのはメガメタグロス軸、メガルカリオ軸、キノガッサ等でしたから物理耐久のないラッキーハピナスなどに務まるはずもありません。

そんな時現れた救世主がこの子。

f:id:MYSKNK:20180514154824j:image

草食スカーフヌメルゴンです。

この子なら特性で胞子を無効にし、早い鋼ポケでも上から大文字で叩くことが可能です。

また、ねむねごヌメルゴン入り受けループの存在もありラッキー枠をヌメルゴンにすることで偽装がバレるということもほとんどありませんでした。

 

と、こんな感じでメンバーが決定しました。

 

 

配置について

f:id:MYSKNK:20180514160031j:image

例の如くゲンガーを左上に置くことでメガゲンガー入りの受けループに見せられたらという具合です。

それくらいですがこれが結構大事だったりします。

 

 

個体紹介

f:id:MYSKNK:20180514160923j:image

性格 臆病

調整 CS252b4

実数値 135-×-81-182-95-178

 

前回の構築と変わらない襷ゲンガーです。

プレイング面での違いとしては、今回の構築はラッキーがいないためぱっと見テテフを止めるポケモンがおらず、相手のPTにテテフがいる場合体感8割程の確率で初手投げされました。その上現環境のテテフの型はみんなメガゲンガー意識の調整をされているためか初手で対面した場合その殆どが突っ張って来てくれます。しかしこの子は襷持ちなためスカーフであれば一発耐えてヘド爆で吹き飛ばし、耐久振りまたは襷でも上から2回殴れるテテフ絶対56すマンなため、初手から数的有利を取ることが多かった印象です。

 

体感選出率4位

 

f:id:MYSKNK:20180514162051j:image

性格 陽気

調整 AS252b4

実数値(メガ前) 175-186-130-×-121-124

実数値(メガ後) 175-216-170-×-141-135

 

こちらも以前とほぼ変わらないメガバンギラスです。せめて言えばメインウェポンをストーンエッジからいわなだれに変更しました。

とあるオフで相手のラティアスをガン起点にしたにも関わらずエッジを外しまくり、挙句の果てにはエッジのPPが無くなり有効打が無くなり泣く泣く降参したことがきっかけです。

実際これは正解で、エッジに比べると雪崩は威力こそ劣るもののPPの多さの怯みという追加効果がとても優秀でした。

何やかんや言いますがつまり火力が足りないならば怯ませればいいんですね。

 

体感選出率1位

 

f:id:MYSKNK:20180514163725j:image

性格 意地っ張り

調整 h20 A252 b36 d4 S196

実数値 143-145-165-×-91-115

 

こちらも前回より続投ですが、調整と技構成を変更しました。

まず努力値を耐久から少し削りSを伸ばすことでS1↑した準速100属を抜けるようにすることで突然のスカーフやバシャーモに怯える必要が少なくなりました。

次に前回いわなだれだった枠をメガメタグロスギルガルド意識で辻斬りに変更しました。それ以外にはほとんど打ちませんでしたが他3つの技が強力なためこの枠はなに変えてもあまり使わないですね。

3タテをキメた数はきっとバンギラスより多いです。

ちなみに耐久を削りすぎた結果、ミミッキュの剣舞シャドクロZで確1という悲しみを抱えてしまいました。

 

体感選出率3位

 

f:id:MYSKNK:20180514165240j:image

性格 臆病

調整 h12 b36 C252 d4 S228

実数値 167-×-95-162-171-138

 

本構築の救世主、スカーフヌメルゴンさんです。

調整はネットに昔書かれたちょうどいいものがあったので拝借しました。CSベースのA特化キノガッサのテクニマッパ確3調整だったはずです。

メガルカリオを上から吹き飛ばしたりカバルドンを凍らせたりZ使用後のジャラランガを上から吹き飛ばしたりと素晴らしい活躍っぷりでした。

しかし技の命中率が不穏で、実際よく外すため使うたびに毛根の消費が激しいポケモンでした。

特にドヒドイデと組ませて初手に投げ、不意の抜群技で数的有利を作りつつ、裏のドヒドイデに引いて起点にならないようにするという動きが強力。

また問題のメガメタグロスに対しては大文字が8割程した入らないため後述するドヒドイデのゴツメでいい具合に削ってから突破という動きが必要でした。

 

体感選出率2位

 

f:id:MYSKNK:20180514170406j:image

性格 図太い

調整 HB252d4

実数値 157-×-224-73-163-55

 

特に書くことのない普通のドヒドイデです。

せめて言えば削り重視で黒いヘドロではなくゴツメを持たせています。

立ち位置的にはスタンパで言うクレセリアみたいなもので、よく起点にされるため積極的に交換読み交換を決める動きが必要でした。

オニゴーリ軸に対しては初手で投げて毒菱を警戒して交代してきたオニゴーリに対して毒々を入れるムーブがなかなかよかった印象です。

 

f:id:MYSKNK:20180514181556j:image

性格 慎重

調整 H212 D252 b44

実数値 177-115-151-×-139-115

 

調整自体は普通のHDグライオンです。

技構成はメインウェポンの地震、裏の抜き性能を高めるステルスロックカバルドンに好きにさせないのと起点回避のための挑発、後ろから出てくる飛行タイプなどに刺さる岩石封じとなっています。

この構成の副産物として受けループなどに対して非常に強い駒としての運用も可能でした。

しかしシーズン後半になると耐久の高いメガメタグロスなどの増加によりこの構築におけるステロを撒く恩恵が小さくなってしまったので選出率は下がってしまったのが少し悔やまれます。

 

運用方法

基本選出などは特にありませんが、タスキ+メガ+Zと選出できるゲンガバンギムドーの並びは非常に強力でそのパターンが一番多かったかなと思います。

もちろん他の選出も弱いわけではなく、ヌメルゴンドヒドイデで相手のPTを削った後にバンギorムドーで全抜きみたいな動きは対面構築やカバマンダガルドなどの構築によく刺さりました。

選出後のプレイングとしては選出誘導の強い受けル偽装を使う強みである、「相手はこちらのPTの型をなかなか予想できないがこちらは相手のPTの型をある程度予想できる」という情報アドを生かして相手のPTを掻き乱すことができれば勝ちに待って行きやすいと思いました。

しかし今シーズンは特にメガメタグロスジャラランガなど構築単位で重いポケモンが増えたため、相手のエースが展開される前にこちらのエースを展開させ、こちらのペースをそのまま押し切るような動きをしなければならない試合が多かった気がします。

 

 

総括

シンプルに長い間煮詰めていた構築で自己最高レートを更新できたことがめちゃくちゃ嬉しいです。

完熟オフで使ったのを最後に記事にまとめてもう使わなくていいとも思った頃もありましたが粘った甲斐があったなと思います。

それとQRレンタルPTも作ってみました。使っていて本当に楽しい構築なので試しに使ってみてもらえたら嬉しいです!

 

QR→ https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-659F-44C6

 

最後になりましたがここまで読んでいただきありがとうございました!

また機会があればよろしくお願いします!

 

ポケモン友達たくさん欲しいのでTwitter(@MMYYSSNAO)もフォローしてもらえたら飛んで喜びます|´-`)チラッ

 

f:id:MYSKNK:20180515114241j:imagef:id:MYSKNK:20180515152800p:image

(念の為証拠画像)

 

追い風Zカミツルギの調整案

お久しぶりですもやしきのこです!

USMシーズン1お疲れさまでした!

 

マタ2000ノレナカッタヨ…

 

今期はいろんな構築を広く薄く(中途半端)使ってて結果はぜんぜんだったものの、自分の中では大いに収穫のある期間だったため来季こそは2000行きたいですね。

 

さて、今回は今期自分が使っていた追い風Zカミツルギの調整について書いていこうと思います。

 

f:id:MYSKNK:20180123123455j:image

 

 

【追い風Zについて】

 

USMになって追い風が教え技で解禁。

追い風はZ技にすることで急所ランクが+2され、もともと急所ランクが+1のリーフブレードやつじぎりが確定で急所にあたるようになります。

 

雑に言ってしまうとA+1 S+2されるということです。強そうでしょ?

 

急所に当てることで最近増えているギャラドスランドロスといった威嚇を入れてくるポケモンにAのランクダウンを無視して攻撃できる点も素晴らしい。

 

 

【調整】

種族値 59-181-131-59-31-109

性格 意地っ張り

努力値 164-0-0-0-252-92

実数値 155-221-151-×-83-141

 

HD…臆病コケコのEF下10万VZ確定耐え

S…準速ドリュウズ抜き

 

とにかく1発耐えて追い風Zを使うという考えの調整

追い風下なら天候パなどにも強く出れるポケモンなのでSは準速ドリュウズ抜きです。

 

 

【技構成】

 

オススメ

リーフブレード・聖なる剣・サイコカッター・追い風

 

候補技

スマートホーン・つじぎり・叩き落とす

 

ウェポンはリフブレと聖剣までは確定だと思っています。

サイコカッターを採用する理由としてはアーゴヨンバシャーモ、ゲンガーなどへの有効打として優秀なためです。これを採用することで最近流行りのギャラ顎などに強く出れるようになります。

またバシャーモ対面でも3分の1で上から殴り落とすことができるのも良き。(2連守るやめて)

 

 

【運用方法】

 

基本的に追い風の継続ターンは4ターン。

追い風を使うターンを含めると追い風下で攻撃できるのは実質3ターンだけなので、こいつだけで3タテなんてことはなかなか難しいです。

そのため最初に対面性能の高いポケモンで相手のPTの1匹を倒し、残り2匹を追い風下で追い込むというのが基本的な立ち回りになります。

 

 

【相性の良いポケモン

ゲッコウガ

自分が使っていて一番相性が良いと感じたポケモンです。

タスキを持たせることで対面性能も高くなり、こいつを止めに来るのはギャラドスポリゴン2などになるため、ゲッコウガが倒されたら目の前にはツルギの起点が置いてあると考えていいレベル。

 

メガゲンガー

言わずもがな1:1交換の鬼。

とか言って一緒に使ったことはないです。

さっき思いつきました(適当)

 

メガバンギラス

後述するカミツルギの苦手なポケモンの多くに強く出れるため、攻撃面でかなり相性が良いと感じました。

しかしこの2匹だと格闘が一貫してしまうので注意。

 

 

【苦手な相手】

 

メガボーマンダテッカグヤギルガルドetc…

 

基本的に突破できないのでこいつらがいる時は選出すること自体をおすすめできません。

他、当然の如く炎タイプや突然のめざ炎などが苦手です。

 

 

以上が追い風Zカミツルギの調整案になります。

30分クオリティですが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

私事ですが、今度2月11日に宮城で開催される完熟オフにまた参加させて頂くので、一緒に参加される方はよろしくお願いします。

 

ではでは\\ ٩( 'ω' )و ////

竜舞メガラティオスの調整案

こんにちはもやしきのこです!

今回は(暇なんで)自身が竜舞メガラティオスの調整を考えた際に参考にする記事があまり見当たらなかったため、それについての記事を書いていきたいと思います。少しでも誰かの需要に答えられる形になれば幸いです。

 

構築記事は何度か書かせていただいているものの、個体の調整案についての記事はこれが初めてになるため至らぬ点があるかとは思いますが、生ぬるいチベットスナギツネのような目で見ていただければ幸いです。

 

 

f:id:MYSKNK:20170924141108j:image

 

メガラティオスについて】

 

まずはメガラティオスについて簡単に説明してみたいと思います。

んなこたァ知っとるわボケ!!と言う方は飛ばしていただいて一向に構いません。

f:id:MYSKNK:20170924142446p:image

 

種族値

メガ前 80-90-80-130-110-110

メガ後 80-130-100-160-120-110

 

そのA上昇を他に振り分けてくれたら何も文句は無かったのに…とは誰もが1度は思うことでしょう。

耐久もBが20、Dが10上昇しました。これにより耐久にあまり振らずとも多くのポケモンの一撃を1発は耐えることができるようになります。(具体的にはミミッキュメガゲンガー)

あとはCが30上昇していますね。しかし役割対象への確定数はあまり変わらないようです。そして珠ラティオスの方が火力が出る。悲しい…

 

はっきり言って瞑想型あたりで使うならメガラティアスの方が強いと思います。

 

ならばこのメガラティオスをどう妹と差別化し扱うか…(チラッ)

 

f:id:MYSKNK:20170924150026j:image

 

【調整案】 

 

メガラティオス@メガストーン

性格 意地っ張り

努力値 28-236-4-0-60-180

実数値 159-198-121-*-148-153

 

技 逆鱗 思念の頭突き 地震 龍ノ舞

 

H…16n-1

 

A…火力が足りないためほぼぶっぱ

 

B…端数

 

D…補正なしC252メガゲンガーシャドーボールを最高乱数切り耐え

 

S…準速100族抜き、1舞後最速フェローチェより6早い

 

まず、火力は微妙に足りないためほぼぶっぱです。

微妙に足りないのは耐久調整でよく的にされるガブリアス先輩のせいですね…

Sは当初1舞後最速フェローチェ抜きくらいで考えていましたがすぐ上に準速100族がいたためそこを抜くまで振りました。あと少し上には霊獣ボルトロスガブリアスウツロイドなどがあります。しかしボルトロスについては有効打がめざ氷くらいしかない、ガブリアスは大幅に数を減らしている、ウツロイドも一致技が半分入らないと考えた結果、抜く必要はないという結論に至りました。

ちなみにBは端数振りのみですが、ミミッキュのA特化じゃれつくくらいは確定で耐えます。

 

攻撃面は感覚的には技範囲的にも実数値的にも意地っ張りガブリアスと同じような感覚です。地震は一致で打てませんが…

 

†竜舞ガブリアス

…ほら、強そうでしょう?(適当)

 

 

技範囲についてはこれで確定でいいと思います。

正直他に使える技がない…カタ:( ;´꒳`;):カタ

せめて言えば鋼の翼などを持たせることによりテテフへも抜群を取ることができるようになります。抜くなら逆鱗でしょうか。

ちなみに自分が使っていて逆鱗を打ったのは片手で数える程です。

しかし教え技なためなかなか忘れさせる勇気が持てない…

 

 

そして最後に他の竜舞ポケモンとの差別化ですが、なによりもバシャーモも強く出ることができるというのが大きいと考えられます。他のメガボーマンダメガバンギラスなどは加速により上を取られてめざ氷や膝で吹き飛ばされるのに対して、このメガラティオスへの有効打は叩き落とすくらいになります。その叩き落とすも9月24日現在バシャーモの採用技ランキングトップ10圏外となっており、ほとんどのバシャーモメガラティオスを一撃で落とす技を持っていないと考えて良いでしょう。

 

 

以上が竜舞メガラティオス調整案となります。

 

ここまで見ていただきありがとうございました!

 

正直言って他の抜きエースと比べてずば抜けて強いとはいえません。ミミッキュにも後出しから余裕で処理されます。しかし、技範囲と起点にできる範囲はそこそこ特殊なものがあるため、厳選していないラティオスORASに残っているという方は一度作って見てはいかがでしょうか。後悔はします。

 

質問や誤字、間違いなどがありましたら

Twitter(@MMYYSSNAO)までよろしくお願いします!!( ・ω・)/

半偽装受けループ ~SMシーズン5最高レート2055~

お久しぶりです!前回の構築ブログでゴツメ両壁ジャローダの記事を書くと言っていたのにすっかり忘れてたもやしきのこです!(正直もう環境に刺さってないし書かなくていいよねゴメンナサイ)

 

今回はシーズン5にて最高レート2055で自身初の瞬間8位を取ることができた構築を紹介したいと思います。控えめに言ってめちゃくちゃ嬉しいです!カタ:( ;´꒳`;):カタ

f:id:MYSKNK:20170827222311j:image

サブロムなどは持っていないため、いつものTNクソマッシュで潜ってました。

 シーズン5はまだ潜れる期間が残っていますが、今のレート帯における型バレがしんどすぎるので、少し早いですが終わりにすることにしました。

 

【PTコンセプト】

今回のPTはORASの頃に唯一レート2000を突破した襷ゲンガーと竜舞メガバンギラス、剣舞ファイアローを取り入れた受けループ偽装をもう1度使いたいというところから始まりました。

しかしファイアローは第七世代に入って致命的な弱体化を受けたため、代わりに第七世代で逆に強化された†砕ける鎧剣舞エアームド†を採用しました。

f:id:MYSKNK:20170827224121j:image

並びとしてはこんな感じです。

一応ゲンガバレルの脱出滅びギミックを搭載した誤魔化し受けループに見えたらなと思いこのような並びになっています。

実際初手に多く出すゲンガーがメガしなかった時点で多くの対戦相手の方が困惑している様子だったためこの並びは正解だったと思います。(思いたい…)

 

ちなみに受けループに偽装する理由としては、受けループメタとしてよく採用される毒羽サザンドラや毒羽マンダ、みがまもギミックなどを持つ技範囲が限られていたり技の威力が低いポケモンをまとめて起点にするための選出誘導が主な理由になります。

 

また、運用していく上で受けループの中に積みポケも入れるという考えよりは積みサイクル選出と受けループ選出をはっきり分けて運用した方が使いやすくて強いと考えました。

 

表選出はゲンガー・バンギラスエアームドというメンツになっており、襷ゲンガーで相手のPTをある程度荒らし後続の負担をなるべく減らしてから、裏のバンギムドーで抜いていくという運びになっています。

裏選出はモロバレルハピナス・ヤドランとなっており、数値受けやトリル+後攻胞子で誤魔化すなどしてなるべく広い範囲を受けきれるようにしてあります。選出の自由度が全くと言っていいほどないため受けループの選出は一見弱そうに見えますが、選出率は低いものの勝率は表選出よりも高くなっていたと思います。

 

個体紹介

 

まずは表選出の3匹から

f:id:MYSKNK:20170829203237j:image

性格 臆病

調整 CS252d4

NN ピロロロロロ

 

表選出での始動役となる襷ゲンガーです。

基本的に相手に多くダメージを与えるためというよりは、鬼火や凍える風で後続の起点を作ることを最優先に運用していました。

襷で耐えたあと、交換して残そうとはせず相手の深読みを読んで捨て気味に動かすことで数多くのアドをとることができた印象。

 

 

f:id:MYSKNK:20170829203850j:image

性格 陽気

調整 AS252b4

NN まつぼっくり

 

種族値お化けの抜きエース。

ゲンガーに強いポケモンに強いため上の襷ゲンガーと非常に相性が良い。

耐久にほとんど努力値を振っていないが、1舞した後に不一致イカサマが飛んできても身代わりが割れないとかいう馬鹿みたいな硬さを持つ。また、鬼火を入れた無振りテッカグヤのヘビーボンバーでも身代わりが割れないため数多くのポケモンを起点にしてきました。

しかしメインウェポンが命中80と不安定なので、1発外したら負けとならないようになるべく身代わりを残していくプレイングが大切になると感じました。

ゲッコウガの水Zをミリ耐えした時はさすがに引いた…

 

 

f:id:MYSKNK:20170829212057j:image

性格 意地っ張り

調整 h20a252b52d4s180

NN もえないゴミ

 

h…16n-1

a…火力が足りてないためぶっぱ

b…余り

d…端数

s…2段階UP後最速フェローチェ抜き抜き抜き

 

本当はこの調整の元となった記事があるのですが探しても見当たらなかったので消されてしまったのかも知れません…

ゲンガーとバンギラスで無理なミミッキュランドロスハッサムなどを起点にしていきます。

起点にするタイミングなどが相手の行動に依存するため扱いが死ぬほど難しいですが、うまく剣舞を積むことができれば凄まじい突破力を見せてくれました。

具体的には剣舞ブレバZで

B特化カプ・レヒレが75%の乱数1

B特化ドヒドイデが31.3%の乱数1

はい強い(๑•̀ㅂ•́)و✧

ちなみに耐久にあまり振っていないドリュウズ程度なら余裕で確1なのでもうだいたい吹き飛びます。

無理なのはテッカグヤギルガルドといった有効打のない鋼ポケモンですが、そいつらはまとめてバンギラスの起点にするため(グロスを除く)特に問題は無いと考えています。

 正直アローなんかよりずっと強い(^q^)

 

 

 ここからは裏選出のメンツになります

 

f:id:MYSKNK:20170829220123j:image

性格 図太い

調整 h236b252d20

NN バンドマン

 

調整はミミッキュの2段階UPシャドクロZ確定耐え、ギルガルドのシャドボZ確定耐えだったはず…

基本的には物理受けと積みポケを眠らせて止める役割を担っています。また、最近挑発を持っていることが多いカプ・コケコやカプ・レヒレなどはハピナスでは勝つことが難しくなるためとても重宝しました。

ちなみにめざパは炎です。

後述するヤドランと組み合わせて再生力ループもできるため受けループに出てきやすい呪いミミッキュも痛み分けがない限り被害を最小限に突破できます。

さすが相棒!!🍄

 

 

f:id:MYSKNK:20170829222121j:image

 性格 図太い

調整 h244b252c12

NN クソコロネ

 

トリックルームが採用されているくらいで特にツッコミ所のない普通のメガヤドラン

PTでバシャーモを止められるポケモンがこいつだけなため、メガバシャでない場合は草を常に警戒したプレイングを心掛ける必要がありました。

トリックルームの採用意図としては、ヤドランに対して投げ悪巧みを積んで全抜きしてこようとする霊獣ボルトロスなどに対してトリル下でモロバレルを投げ、上から胞子クリアスモッグをするためということがありました。

 

クソコロネなんて名前つけたから2連麻痺バグしたんですかね…??

 

 

f:id:MYSKNK:20170829224900j:image

性格 穏やか

調整 BC252h4

NN クソビッチ

 

あまり見慣れない型のハピナスかと思いますがそれぞれちゃんと理由があるんです_( _´ω`)_

まずC振りと達人の帯についてですが、なるべく火力を上げることで面倒なガルドやテッカグヤなどの確定数を減らすためです。特に耐久に厚く振られた霊獣ボルトロスなどでも確2まで持ち込むなどかなり役に立ちました。

しかし、それでも超火力が出るというわけではないため放射と冷Bを両方半減してくる相手や再生技を持つポケモンに対して打つ毒々を採用してあります。

また、性格が穏やかなのは図太いにしてB実数値を6上昇させるよりは穏やかにしてD実数値を15上昇させた方が単純に強いと感じたためです。

Dの努力値は無振りですが、性格補正だけでちゃんと特殊受けとしての役割も果たしてくれました。

 

クソビッチなんて名前つけたから4連麻痺バグしたんですかね…??

 

 

運用方法

基本的に脳死で表選出です。

バンギの無理な相手をムドーで、ムドーの無理な相手をバンギで起点にして全抜きを狙います。

しかし表選出のバンギとムドーの両方に有効打のあるバシャーモウルガモスなどが相手のPTにいる場合や、バンギとムドー両方のストッパーになり得るポケモンが相手のPTにいて選出されそうな場合は裏選出でいきます。

 

無理な相手

❶バシャテテフの並び

表選出はバシャーモがムリ。

裏選出はカプ・テテフがムリ。

はい。

 

グロスコケコの並び

グロスアームハンマーでバンギがドーン。

グロスのEF雷パンチでムドーがドーン。

グロスのEF雷パンツでヤドランがドーン。

はい。

 

❸回避上げるオニゴーリ

 

……………………スカッ

 

はい。

 

 

後語り的ななんか】 

シーズン2から温めていたPTだったので達成感で絶命(吐血)

実はシーズンの最初の頃に実況者さんのライ〇ロリさんにレートで当たり勝ったは良いものの、その対戦で表選出の型を盛大にバラしてしまったことなどがあり一時期は全く勝てなく1600までレートを落とす事態に陥っていましたが、なんとか勝ち上がることができました…

それでも動画化してもらえたのは新鮮で嬉しかったです。ありがとうございました!たぶんリザXがサムネの動画の1戦目だったと思います。

しかしレートを上げるにつれて同じ人に当たることが多くなりまた型バレの問題が発生し、これはもう偽装パの定めだと諦めて潜りました_( _´ω`)_

 

 

この構築のQRレンタルもPGLに出してあるのでもし良ければ使ってあげてください!!m(*_ _)m

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-7D6E-4EA7

 

 

 

構築紹介は以上になります!

相変わらずの文章力で長いし読みにくい記事になってしまいましたがここまで読んでいただきありがとうございました!!

なにかおかしな点があれば指摘していただけると嬉しいです!

 

余談ではありますが10月の仙台で行われる完熟オフにまた参加させていただく予定なので、一緒に参加する皆さんはまたよろしくお願いします!

 

 

トリル軸サイクル サンムーンS4使用構築

お久しぶりですもやしきのこです!

まずはシーズン4お疲れ様でした!

今回はシーズン4で使用した構築で記事を書きたいと思います!

 

とは言っても大学のテスト勉強の関係で使用したのは最終日の1日だけな上レートは1750から開始し最高1976と、特別結果を出したというわけではなく自分の考えをまとめておくついでに書くだけですので、こんな構築もあるんだー程度で見ていただければ幸いです

 

(こいついつもギリギリになってから潜ってんな…)

 

並びはこんな感じです

f:id:MYSKNK:20170720130848p:image

 

選出画面上では

f:id:MYSKNK:20170720163149j:image

こんな感じなんですが、これ夢の国バンギランドに見えますかね…??

 

どうしてこんな並びにしているかはあとから個体説明で説明したいと思います

 

 

〇PTコンセプト

軸であるブルルドランヤドランでサイクルを回し、ある程度削れたところでヤドランがトリルを貼り、全員がトリルエースとなり抜いていくというものです。

その上で無理なところをほかの3匹で対処していくという具合です。

 

 

〇個体説明

 

f:id:MYSKNK:20170720133506j:image

カプ・ブルル@オボンのみ

特性 グラスフィールド

慎重 HD252a4

ウッドホーン やどりぎ 自然の怒り 守る

 

使い慣れた特殊受けポケモン

たぶんサンムーンで一番お世話になってます

何よりブルル以外の守り神に何度も後出しできるのが強い

メガネテテフも1サイクル目ならお盆込みで後出しから負けはしません(勝てるとは言ってない)

とは言ってもウドホ1発で落とせるわけではないので後ろのポケモンにやどりぎなりウッドホーンするなりして次のサイクルに備える動きが必要だと思います

あとエスパーZテテフは無理です(´;ω;`)

 

特殊受けの癖にメガギャラに後出しから勝つイケメン

 

選出率は9割近く

ほとんどの試合で選出してました

 

 f:id:MYSKNK:20170720141450j:image

ヒードラン@残飯

特性 もらい火

控えめ h212b4c28d12s252

マグマストーム 大地の力 挑発 守る

 

比較的早めのゴキブリ

前述の牛肉と相性補完が優れたゴキブリ

グラスフィールドと残飯で凄まじい回復力を得るゴキブリ

 

基本的にトリルで全抜きしていく上で問題となるポリ2などの数値受けをマグストでキャッチし挑発してゆっくり確実に処理してくれる

マグストのおかげで役割対象に逃げられて不利対面になっても交換読み交換読みなどがされず次のターンで確実に有利対面を作れる面でも強い

 

こう書くとめちゃくちゃ強そうに見えますがこれは全部マグストが当たる前提のお話です(՞ټ՞☝

 

f:id:MYSKNK:20170720142954j:image

ヤドラン@ヤドランナイト

特性 再生力→チョココロネ

図太い h244b252d12

熱湯 冷凍B トリックルーム 自己再生

 

ブルルとドランで回す上で無理なボーマンダバシャーモを受けるための物理受け兼トリル始動要因

圧倒的な硬さで安全に何度もトリルを貼ることができます(ここで地割れが当たる)

まさかトリルのPPを増やすハメになるとは思いもしませんでした

火力面は無振りですが削れた相手を抜いていくには十分な火力を持ち合わせていました

 

f:id:MYSKNK:20170720144847j:image

バンギラス@アクZ

特性 砂おこし

意地っ張り h124a252d132

ストーンエッジ 噛み砕く おいうち 炎のパンチ

 

調整はA特化、16n-1で性格補正なしメガネラティオスの流星群をステロ込みで高乱数耐えみたいな感じなはず

サイクルを回す上で問題となるメガゲンガーバシャーモの増加に伴い増加したラティオスなどに対して追い打ちを指していく枠兼ブルルで受けきれないところの特殊受け兼トリル下のアタッカー

かなり欲張りな型になっていますが、そこはさすが600属、自慢の数値のおかげで器用貧乏とならずいい感じに役割を果たしてくれました

PTの並びをバンギランドのようにしていたのはこいつのおいうちを隠すためで、実際釣りだし交換も一切されず綺麗においうちを決めてくれました

持ち物がアクZなのはPTで重いギルガルドを突破するためです

 

f:id:MYSKNK:20170720151904j:image

(こいつに似てる奴ってなんだろう…?)

 

ゲンガー@ゲンガナイト

特性 呪われbody→影踏み

臆病 h212d76s244

シャドーボール ヘドロ爆弾 道連れ トリックルーム

 

一般的(?)なトリルメガゲンガー

ここまでで無理な霊獣ボルトロスフェローチェゲッコウガカミツルギを上から殴るなり道連れトリルで無理やり連れていく枠

もちろんトリル始動役としても機能してくれて、1発殴られながらトリルを貼り、バンギである程度荒らしてからまた戻ってきてお掃除という動きも強かったです

ヘドロ爆弾の枠は全く使わなかったのでグライオンボーマンダ対策にめざ氷が欲しかったところですが育成時間がありませんでした

 

f:id:MYSKNK:20170720153500j:image

ランドロス@拘りスカーフ

特性 威嚇

意地っ張り h84a116b76d12s220

地震 いわなだれ 馬鹿力 とんぼ帰り

 

調整はどこかのブログから拝借してきました

最初の頃はスカーフボルトロスでしたがミミッキュが重かったので威嚇を撒けるランドロスにしました

選出率の高いブルルのグラスフィールド地震がアンチシナジーでしたがこの子は岩雪崩かとんぼしかしないのでほとんど気になりませんでした

 

 

〇選出パターン

カプ・ブルルヒードランメガヤドラン

基本選出

6割くらいの試合はこれで回してました

 

カプ・ブルルメガヤドランバンギラス

草+水という相性補完でサイクルを回しつつバンギラスで削れた相手をぶち抜いていく

 

カプ・ブルルヒードランメガゲンガー

受けループなどに対して

 

メガゲンガーランドロス+なにか

どうしても無理な構築と当たった場合に上から叩いて勝ち筋を追っていく選出

 

 

〇使用感

このPTはサイクルを回し続けることが大前提なので殆どが耐久にばかり振ってますが、相手が削れてから抜いていくので火力不足などはほとんど感じませんでした

ただトリル下はまだしも基本的には鈍足サイクルなため急所などの運負けが目立った気がします

それとメガゲンガーの運用やヤドランのメガするタイミングなど強いけど難しいみたいなところがちらほら…

1度トリル剣舞ガルドとかいうバケモノをお相手さんとの(初めての)共同作業で誕生させてしまい爆死しました✨✨✨

 

 

 

長くなりましたがここまで読んでいただきありがとうございました!!

来シーズンこそはゆっくりレートに潜って2000行きたいですね(´-`).。oO

 

f:id:MYSKNK:20170720161552j:image

(一応最高レートの写真)

東北シングルフェスタ使用構築

お久しぶりですもやしきのこです!

 

構築記事を始めたはいいものの、最近ポケモンをゆっくり楽しむ時間もなかなか作れず潜る度にPTをコロコロ変えてるので結果も出ず、ネタが無いと思っていたところに今年の東北シングルフェスタで使用した構築記事を思い出したので適当にまとめたいなと思います(すっかり忘れてた)

 

正直もう5ヵ月近く前の構築で需要があるかわかりませんが東北シングルフェスタへの感謝の意と自分用のメモ感覚でやるつもりなので気まぐれついでに見てもらえたら嬉しいです

 

 f:id:MYSKNK:20170706115940p:image

結果は決勝トーナメント1回戦落ちです(´°ω°)チーン

初めてのオフ会にしてはがんばれたと思います思いたいです…

 

本当は前日の17時くらいまでブルルドヒドイデの受けループを使う考えでいたのですが、構築がイマイチまとまらなかった上、初めてのオフ会で受けループを使用することにビビったためソッコーでPTを考えて当日午前3時まで厳選してました

 

焦りと眠気で悪巧みを覚えさせ忘れたルカリオを育成し悲しくなった思い出(´;ω;`)

 

 

個体紹介

 

f:id:MYSKNK:20170706114756j:image

(違う)

 

カバルドン@オボン すなおこし

NN…ぶっさwww

腕白 HB252a4

地震 岩石封じ ステルスロック 欠伸

 

安定の起点作りマン

安定過ぎて特に言うことがないですね

特性のせいで後述のジャローダゲッコウガとのアンチシナジーが…と心配していましたがそこまで気になりませんでした

何を思ったのか普通吠えるなどが採用される枠に岩石封じが採用されています

おかげで予選1回戦ではマンダの身代わりが割れず1ターン目から詰まされ笑うしかなかったです( ºωº )

 

 

 f:id:MYSKNK:20170706120656j:image

(違う)

 

ルカリオ@ルカリオナイト ふくつのこころ

NN…わんわんお

臆病 CS252d4

波動弾 ラスターカノン しんくうは 悪巧み

 

こちらも特に何も言うことがない普通の特殊ルカリオ

テテフにも安定した打点があるため特殊型にしており、実際特殊でよかった場面がいくつもありましたが、物理の方が強かったかもしれないのでそこは悩みどころ

 

 

 f:id:MYSKNK:20170706122133j:image

 (違う)

 

カイリュー@ヒコウZ マルチスケイル

NN…デブ

意地っ張り AS252h4

空を飛ぶ 雷パンチ 神速 龍の舞

 

こいつがめちゃくちゃ強かった

空飛ぶムーミン

止めに来る受けポケを雷パンチや空を飛ぶZで吹き飛ばして後ろのポケモンをポコポコするみたいな動きができました

ただ技範囲が正直微妙なのでほとんど使わなかった神速の枠を地震やほのパンにしてもよさそう

 

 

f:id:MYSKNK:20170706122800j:image

(おいしい)

 

ジャローダ@ゴツメ あまのじゃく

NN…きゅうり

臆病 HS252d4

リーフストーム リフレクター 光の壁 光合成

 

カイリューも強かったけどこいつが1番強かったです

全抜きもできて起点作りもできる神野菜

当日はとりあえずでHSぶっぱにしていますが、ちゃんと調整とかを考えたら別で記事を書く予定なので説明はそちらでしたいと思います

 

 

f:id:MYSKNK:20170706124303p:image

 

リザードン@メガリザナイトY もうか

NN…かなへび

臆病 CS252b4

大文字 ソーラービーム 気合い玉 ニトロチャージ

 

これまた普通のリザY

ニトチャ積んで燃やすだけで強かった

本当にそれだけ

気合い玉は使わないし当たらないのはわかっていたのですがめざ氷個体を厳選する時間がなかったためとりあえず採用していました

実際使いませんでした

このPTだとリザがXに見えることが多いらしくそこら辺で相手の選出を歪ませていたのかもしれません

PT単位でギルガルド(特にどくまも)がゲロ重なので相手にいる時は必ず選出していました

 

 

 f:id:MYSKNK:20170706192316j:image

 

ゲッコウガ@襷 変幻自在

NN…アイエエエ!

無邪気 CS252a4

悪の波動 冷凍ビーム ダストシュート 水手裏剣

 

強い。

基本的に初手出しして相手のPTを荒らしていました

さすがニンジャ汚い

ダスシュの役割対象にはa4振りで事足りると感じたためCSぶっぱにしています

水手裏剣のありがたみで涙しました

(2回で止まるけどね)

 

 

基本選出

 

ゲッコウガジャローダ+@

 

これが一番多かったと思います

ゲッコウガで適当に削るなり倒すなりして、倒れたら後ろのジャローダが全抜きor壁貼りで退場、後ろのポケモンで残りを全抜きという動きをします

 

カバルドンカイリュー+@

 

カイリューで全抜きできると判断した場合に選出していました

カバルドン起点を作りカイリューを安全に舞わせて抜いていくタイプです

 

 ❸カバルドンルカリオカイリュー

 

安定。

 

 

構築自体の使用感としては全体の素早さが高い上に特殊な型がほとんど入っていないため無駄な読みが必要なくとても使いやすく感じました

シングルフェスタが終わってからも少し技構成を変えてレートで使ってましたがテキトーにやってるだけで1900に行くのでとても楽しかったです

 

このPTの改良版をQRで出しました

もし良ければ使ってみてください

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-0961-492E

 

具体的な変更点

カバルドンを腕白h252b68d188に

カバルドン地震→吹き飛ばし

カイリューの神速→地震

リザードンの気合い玉→めざ氷

リザードンを控えめCS252b4にしました

 

構築についての説明については以上になります

 

 

 

最後になりましたが東北シングルフェスタを開催してくださった主催者の皆さん、対戦してくれた皆さんを含めあの場にいた皆さん、かなり遅くなりましたが本物にありがとうございました

東北シングルフェスタが自分にとって初めてのオフ会だったのでめちゃくちゃ緊張していましたが、想像の100倍は楽しかったです

みなさん話しやすくお陰様でポケモン友達がたくさん増えました

これからは宮城で行われるオフ会には積極的に参加したいと思っていますのでこれからもよろしくお願いします

f:id:MYSKNK:20170706134343j:imagef:id:MYSKNK:20170706134421j:image

 

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!!\( ‘ω’)/ウオオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアーッッッッッッッッッッッッッッ!!